皆さんが通常目にするダンボール箱は2つの工程を踏み製造されます。

出羽紙器製作所ではその2つの工程を一貫して行うことにより作業効率をアップし、低価格、短納期で段ボール箱を提供することができます。

段ボールシートは3枚の紙(段ボール原紙)を貼り合わせて作ります。

まず、中芯(なかしん)と呼ばれる1枚の紙を波状に成形します。
その波状の紙を2枚の紙で挟み、糊で接着することに長大な段ボールシートが出来上がります。
その後、罫線を入れ、適切なサイズに裁断することにより段ボール箱を作る材料となる段ボールシートの出来上がりです。

段ボールシートに、お客様の要望に応じて印刷をします。

印刷後の段ボールシートに切込みを入れたり、抜き型を使い抜くことにより適切な形に成形します。
最後に端を糊で付け箱としての形となります。

☆製造工程がもっとわかる動画を公開中☆