一口にダンボール箱といいましても様々な形、材質、印刷内容があります。

まず下記のような内容を認識することが重要です。

  • どのようなものをダンボール箱に入れたいのか(大きさ、重さ、脆さなど)
  • どこにおくりたいのか(国内、海外、保管期間など)
  • 受け取る人は誰か(法人、個人など)

それらをふまえて適切な材質、形状をご提案させていただいております。

上記をしっかり検討しないことにより、過剰な材質のダンボールが使われる傾向にあります。

不必要な材質はコスト高になります。

しっかり用途を把握することでコスト削減にもつながります。

また、今日では通販など個人のお客様を相手にされる場合などで箱の役割が変わりつつあります。

大切な商品を確実に購入者に届けるのはもちろんのこと、印刷や形状に趣向を凝らすようになってきました。

そうすることで企業イメージアップ、ロイヤルティが高まり、リピート率を高めるためには重要な要素となっています。

 

ダンボール箱製造後、品質チェックを行い、お客様に満足して頂ける製品をお届けいたします。

ダンボール箱は大事な商品を傷つけずにお客様のもとに届けるという重要な役割を負っています。

最近では商品を更に良く魅せるためのプロモーションの機能をダンボール箱に持たせるために印刷も複雑化してきました。

ダンボールには今後もより一層の品質管理が求められます。

出羽紙器製作所では全社的な品質向上に取り組んでいます。

 

当社ではダンボール箱を作るための材料である段ボールシートも自社で製造しています。

段ボールシート及び段ボール箱を一貫して製造することによりコストを削減でき、低価格で段ボール箱を提供しております。

 

当社ではダンボール箱製造をシステムで管理し、効率的な生産が可能となっています。

一貫メーカーであること、システムで製函管理をおこなっていること、工場直送であることにより短納期を実現しています。