1959年4月 東京都豊島区池袋において、会長秋葉功が段ボールの製造販売を開始
1962年3月 本社を東京都練馬区田柄町に移転
1964年7月 本社/工場を東京都板橋区小茂根4-18-12に移転
1967年9月 埼玉県入間郡大井町に埼玉工場を開設。

1,600m/mコルゲーターを設置し、段ボールシートの製造を開始

1971年6月 資本金を500万円に増資。社名を株式会社出羽紙器製作所の変更
1973年5月 山形県天童市清池工業団地に用地3,000坪を取得、工場建設を開始
        7月 資本金を1,000万円に増資
1974年5月 山形工場に1,650m/mコルゲーター、9尺プリンタースロッター、オートグルアー、プラトン等を設置。段ボールシート及びケースの一貫生産体制を確立。
        7月 資本金を1,500万円に増資
1979年7月 資本金を1,950万円に増資
1980年7月 資本金を2,535万円に増資
        10月 資本金を3,000万円に増資
1982年5月 所沢市に段ボール製函工場を開設、生産開始
1985年9月 資本金を5,000万円に増資
       11月 埼玉県所沢市に用地1,800坪を取得、工場建設を開始(現、新所沢工場)
1987年10月 新所沢工場に1,600m/mコルゲーター、9尺プリンタースロッター、オートグルアー等の設備を設置。段ボールシート及び段ボール箱の生産を開始。生産合理化体制の確立を図る。
1990年6月 山形工場に9尺プリンタースロッター3色機を設置。
1993年11月 新所沢工場に自動平盤打抜機を設置。
1994年5月 山形工場及び新所沢工場に省力化設備を導入。コルゲーターの自動化を実現。
        6月 山形県南陽市に南陽営業所を開設。
1996年8月 所沢工場を新所沢工場に統合。
    9月 山形工場にフレキソダイカッターを設置。製函業務の自動化を実現
    11月 新所沢工場の隣地780坪を取得
2005年11月 秋葉昇が代表取締役社長に就任
2012年5月 山形工場に最新型FFG導入
2016年5月 小林正臣が代表取締役社長に就任
    10月 東京都中小企業振興公社の支援企業に認定本社移転
    11月 本社を板橋区上板橋2-38-11 3Fに移転
2017年5月 山形工場及び新所沢工場にサンプルカッター導入
        5月 所沢工場の生産管理システムを更新し生産性向上を実現
    11月 FSC取得
2018年1月 社内システムを全面更新し生産効率化を実現
2018年7月 ブライトデザイン課設置